節約術住宅関係の日記マイホーム日記詐欺の知識日記・雑記ブログ関係激安スーパー情報
欠陥住宅、内覧会の知識、マンションと一戸建ての比較購入方法などの情報を結集した管理人のブログ→住宅選び情報ナビ

Top住宅関係の日記> 被害は拡大!?「マンション倒壊の恐れ」

« マンション13棟が倒壊の恐れ | メイン | マンションが危ないというけれど »

2005年11月22日

■被害は拡大!?「マンション倒壊の恐れ」

昨日の記事に引き続き「マンション倒壊の恐れ」でさらに驚愕の事実が明らかに。
東京、千葉、神奈川などのマンション20棟とホテル1棟の計21棟で設計事務所が偽造した構造計算書が審査に通っていた事が国土交通省の調べでわかったようです。

中には建築基準法で定められている強度の3割から7割くらいしかない建物もあったというから驚きです。

同設計事務所の1級建築士は過去にも多くのマンション設計にかかわっている様で僕が住んでいる地域にストライクで入っているので内覧会に行ったマンションも含まれていたのかな~と思うとぞっとします。

テレビを見ているとやはり昨日の日記で書いたように構造計算書自体を改ざん偽造されると素人ではまず見抜くことは困難だとプロの方がおっしゃってました。

対策としては構造計算書は購入者が入手できるものなのでこれが正しいものなのかをプロの方にお願いして確認してもらう以外ないようです。

そんな中で外見で見分ける方法が簡易的にあるようです。テレビの受け売りなんですが強度に問題がある建築物はベランダにクラック(ひび)が入りやすい傾向にあるようですので不安な方は確認してみてください。

「建物と平行な方向のベランダのクラック」これは危険信号のようです。お役に立てる情報があったらまた記事にします。 ローン返済日記さまでもこの話題を取り上げておりました。僕の記事以上の内容も含まれていたので興味のある方は参考にしてみてください。

ランキングに参加しています。もちろん人気低迷中。

« マンション13棟が倒壊の恐れ | メイン | マンションが危ないというけれど »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eco-run.com/cgi/mt33/mt-tb.cgi/73

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)


アクセスランキング